鋳物フライパンでフレンチトーストを作りました。


アルミ鋳物のフライパンでフレンチトーストを作りました。熱がまんべんなく伝わるので、焦げ付きにくくてお料理上手になれます。


今回みたいに、しばらく食材を置いてジューっと焼き付けたり、玉子を使った料理が特に得意なフライパンなのです。


フライパン買う時ってついついコーティングばかりに目が行きがち。だけど、焦げ付くかどうかは、まずフライパンそのものの熱の伝わり方がとっても重要なんですよ🍳熱ムラがあると焦げやすくなりますからね。


日本の職人さんがひとつひとつ手作りのアルミ鋳物のフライパンです。


もちろんコーティングも上質なものになっています。巷のフッ素コーティングにはダイヤモンドとかマーブルとかいろいろありますが、そのなかでも特に信頼性の高い「テフロン™️」が使われているゴキゲンなフライパン。

 



ウルシヤマ金属

ガス火のための日本製フライパン ソーヴィ


フライパン

▶︎20cm

 定価¥3500→ ¥2280 + 税

▶︎22cm

 定価¥3800→ ¥2480 + 税

▶︎24cm

 定価¥4300→ ¥2780 + 税

▶︎26cm

 定価¥4500→ ¥2880 + 税

▶︎28cm

 定価¥5000→ ¥2980 + 税

▶︎30cm

 定価¥5500→ ¥3480 + 税


炒め鍋

▶︎26cm

 定価¥4800→ ¥2980 + 税

▶︎28cm

 定価¥5000→ ¥3280 + 税

▶︎30cm

 定価¥5500→ ¥3480 + 税


玉子焼き器

▶︎19×13.5cm

 定価¥4300→ ¥2780 + 税


※すべてガス火専用

※値段は2020年9月時点のものです

1/1

新着ニュース

​商品紹介